NISA

NISA

NISA(少額投資非課税制度)について、調査した件

使い易さNO.1!口座開設・維持費、口座への入出金、すべて無料!

NISAとは

NISA(ニーサ)とは、イギリスのISA(Individual Savings Account)を参考に、導入された制度で、NISAの「N」は「NIPPON」の「N」を意味するものです。
2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」で、毎年100万円を上限とする、新規購入分を対象とした、配当金や、売買益等を最長5年間、非課税にする制度です。

◆利用できる人
日本に住んでいて、20歳以上の人に限ります。
◆非課税の対象
上場株式や、株式投資信託などの配当金、および売買益などが、対象となります。
現在、他の口座(特定口座や一般口座など)で保有している上場株式などを、そのまま移管することはできません。
◆非課税の投資額
新規投資額で、毎年100万円を上限とする。

投資を行わなかった非課税枠の、翌年への繰り越しはできません。
年間の非課税枠を超える投資はできません。
売却しても、非課税枠は再利用できません。
◆非課税の期間
最長5年間です。
◆開設可能な口座数
毎年、一人1口座まで開設が可能です。
一度開設した口座を、別の金融機関に変更することはできません。
◆開設可能な期間
2014年~2023年の10年間です。

NISA 開設

NISAを利用するには、証券会社や銀行といった金融機関で、専用口座を開設する必要があります。
1人につき、1口座しか開くことができませんから、1度口座を開設したら、原則として、4年間はその口座を使い続けることになります。
そうなると、各金融機関も、とにかく多くの投資家に自社で、口座開設してもらいたいと思うわけで、各ネット証券会社では、いろいろな口座開設キャンペーンを実施しています。
とはいえ、キャンペーンの内容だけで、金融機関を選ぶのは、もちろんおすすめできません。

口座を選ぶポイントは、以下の2つ

◆取引できる商品
すべての金融機関のNISA口座で、あらゆる金融商品が取り扱えるわけではありません。
自分が取り扱いたい金融商品を取り扱っている、金融機関の口座を選びましょう。
◆取引手数料
NISA口座であっても、株の売買手数料や投信の購入手数料はかかって来ます。
せっかくの非課税メリットを台無しにしないためにも、口座選びの際には、手数料にも気を配るようにしたいですね。

 

【業界屈指の手数料水準”105円~”に!】

NISA トップへ戻る