中国茶

中国茶

中国のお茶って、中国本土だけではなく、台湾産地のものもあります。 コンビニに行って見ないことはない、中国茶(ウーロン茶)について、少しお話します。

中国茶 効能

一口にお茶といっても、この世にたっくさんの種類が存在するので、それぞれに効能も存在します。

ほどんどのお茶に共通しているのが、胃腸の働きをよくするということ。

さらに、利尿作用もあったりします。

 

中国本土のウーロン茶には、脂肪吸収を抑える効果もあり、近年話題になっているのが、黒烏龍茶。

また、血行促進するものが多く、褐色かかっているお茶の色であれば、その効果が期待できます。

中国茶 入れ方

お茶の入れ方って、中国のお作法にならおうと思うと、茶杯や急須などを購入しなければならないんです。

茶杯は、日本のように1つではなく、香りを楽しむ杯だったり、飲むことを楽しむ杯だったりと、そろえる茶器が多いです。


そろえても、置く場所に困ったりしてしまうので、できれば買いたくないって人も、多いのではないでしょうか。

茶器をそろえなくても、日本茶、紅茶と、同じ方法で煎れてしまっても、OKなんです。

茶葉が大きいモノは、日本茶用の急須で、茶葉が細かいモノは、紅茶と同じ方法で煎れてみてください。

味はかわりませんよ。

茶器の本格セット

中国茶 専門店

お茶屋さんって、探せばいろいろありますが、東京都内には、意外と多くあります。

しかし、東京都内以外だと、ちょっとというか、かなり少ないんです。

 

ある程度、自分の好みの茶葉がみつかれば、ネットで購入することもお勧めします。

ネット購入であれば、お試しで少量の茶葉を無料でいただけることも多くて、大量購入する前に、好みかどうかを確認することもできますので、おすすめですよ。


逆に、専門店に行くと、なんか購入しないと帰れない雰囲気とかあったりして、ネットのほうが、気軽かもしれませんね。

 

中国茶 トップへ戻る