紫外線

紫外線

これからの季節、日焼け対策は万全にしたいですね。 そのために知っておきたい情報です。

紫外線とは

紫外線といえば、夏の強敵ですが、目に見えるものではありません。

一般的に光といえば、可視光線といって、その名のとおり、人間の目に見えるのは、この光のことです。

これまた、一般的に、暖かさとして、感じられるものは赤外線と呼ばれます。

赤外線は、可視光線より波長が長く、人間の目には映りません。

そして紫外線というのは、可視光線より波長が短く、やはり、人間の目には映りません。

光のスペクトルで、紫よりも外側になるのでこの名前になったということです。

一般手に、作用としては言われていることは、殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、さらには皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがあると言われています。

しかし、太陽光の中に含まれているものは、エネルギーが大きいために、長時間さらされた場合、生態に対して、大きなダメージを与えてしまいます。

人間が、長時間、太陽光を浴びると、日焼けするのは、これが理由なわけです。

 

紫外線アレルギー

人間が長時間、または、短時間でも強い太陽光を浴びると、日焼け以上に炎症となる場合があります。

これは、紫外線アレルギーといわれることが多く、主に皮膚に赤い発疹や水ぶくれなどの症状が出てきます。

この症状は、皮膚が弱い方に多く見られる症状ですが、特に小さな子どもは、大人に比べて、皮膚が弱いので、特に注意させたいものです。

 

紫外線対策

これは、意外な話なのですが、実は、日焼け対策には、白い服より、黒い洋服を来ていた方が、予防効果が大きいそうなんです。

その理由は、黒い色の物質の方が、より多くの太陽光を吸収しやすい色だからだそうです。

もちろん、手袋や長袖、長ズボン、日傘を使用するということも必要なのですが、それらのうちでも、1つのアイテムは黒、または濃い色を選んでみると、より日焼け予防の効果が大きいそうですから、試してみてはいかがでしょうか。

 

光老化でお悩みの方へEVIZE【ヒカリエイジング】

紫外線 トップへ戻る